無戸籍の児童生徒43人全員が就学 4人が無戸籍状態解消

文科省は12月24日、法務省が2019年に把握した学齢期相当の無戸籍の児童生徒43人について、全員が就学していることを確認したと発表した。全員が未就学期間はなく、うち4人は、調査の段階で無戸籍状態が解消されていた。

19年5月10日時点で法務省が把握した無戸籍者のうち、学齢相当の児童生徒は194人おり、そのうち151人については、昨年度までに就学が確認されていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。