世界のトップ大学が求める学生の資質 元ミネルバ山本氏

これからの日本の教育における課題を掘り下げる連続講座「未来の先生展セミナー」の第7回が12月20日、都内で開催された。テーマは「大学選びは、世界地図を拡げて」。2014年に新設され、いまや全米最難関といわれるミネルバ大学の元日本事務局代表・山本秀樹氏の講演「世界のトップ大学が求める学生の資質とは?」と、当連続講座の会場を提供した立命館アジア太平洋大学(APU)の卒業生を交えたディスカッションが行われた。

山本氏は米国のトップ大学における入試の現状について話し、「推薦状は学力をはかるためのものではなく、どれだけ学校で大事にされてきたかを見るもの」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。