1万人超がいまだ別の学校 東日本大震災の被災児童生徒

文科省は12月24日、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の、児童生徒の学校への受け入れ状況を公表した。

2019年5月時点で、震災前の居住地とは別の居住地の学校で学ぶ児童生徒数(同一都道府県内も含む)は1万1092人で、前年同期より2315人減少。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。