通級指導の児童生徒数が過去最多に 特別支援教育調査

文科省は12月26日、2018年度の「特別支援教育に関する調査」の結果を公表した。発達障害などにより、通級による指導を受けている児童生徒数は過去最多となった。特別支援学校に在籍し、日常的にたんの吸引や経管栄養などの医療的ケアが必要な児童生徒の数も、09年度以降、最も多かった。

18年度に小学校・特別支援学校に就学予定の新1年生のうち、特別支援学校への就学基準となる障害の程度に該当し、特別な教育的支援を必要とする児童生徒は1万300人で、そのうちの27.3%に当たる2817人が公立小学校に在籍していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。