公立小中教員の平均給与月額 41万4820円で微減

総務省は12月24日、2019年度の地方公務員給与実態調査の結果を公表した。それによると、公立小中学校の教員の平均給与月額は41万4820円(前年度比2388円減)、公立高校の平均給与月額は43万9516円(同1840円減)だった。全体的な教員の若返りが影響しているとみられる。

公立小中学校の教員で平均給与月額から教職調整額などを除いた平均給料月額は35万5362円(同2079円減)、諸手当月額は5万9458円(同309円減)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。