放課後児童クラブが過去最多 受け皿確保追いつかず

厚労省は12月25日、2019年の放課後児童クラブの実施状況調査の結果を公表した。クラブ数は過去最高となった一方で、登録児童数や、クラブを利用したくても利用できない待機児童数も過去最多となり、受け皿の整備が追いついていない状況が浮き彫りとなった。

19年5月1日時点での放課後児童クラブの登録児童数は129万9307人(前年比6万4941人増)で、過去最高となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。