【共通テスト】検討会議を設置 英語や記述式の方針議論

共通テストにおける英語民間試験の活用延期や国語・数学の記述式問題の見直しなどを受け、萩生田光一文科相は12月27日の閣議後の記者会見で、有識者や関係団体の代表らによる「大学入試のあり方に関する検討会議」の設置を発表した。2020年1月15日に初会合を開き、20年末をめどに報告をまとめる。

検討会議は原則公開で行われ、24年に導入予定の英語4技能を評価する新たな試験の方向性を固めるほか、見直しとなった共通テストでの記述式問題の方針について議論する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。