「おもてなし英会話」伝わる喜びが意欲に 東京・谷中小

外国人観光客に英語でおもてなし――。東京都台東区立谷中小学校(園部謙一校長、児童364人)では、オリパラ教育の一環として「おもてなし英会話」に取り組んでいる。情緒あふれるスポットを訪れる外国人観光客に、児童らが英語を使って魅力を紹介する光景は、地域の新しい風物詩になっている。

2015年度から区の事業指定を受けて始まった「おもてなし英会話」の取り組みは▽おもてなしの心を持って、友達や他者を大切にし、共に生きる人を育てる▽日本の伝統文化を誇りとし、異文化社会に興味・関心を持ち行動できる人を育てる▽地域や自分を愛し、健康で夢に向かって努力する人を育てる――ことを目標とし、外国人観光客が多い立地を生かし、「地域を教科書にして」、全学年で発達段階に応じた英語学習のプログラムを展開している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。