ロボット作りでSTEAM教育 川口市立安行小学校

テクノロジーの進化により、社会が急速に変化する中、幅広い分野で新しい価値を提供できる人材を育てるため、STEAM教育のような教科横断的な学びの推進が求められている。

2002年に「埼玉大学STEM教育研究センター」を立ち上げ、代表を務める同学教育学部の野村泰朗准教授は「日本はSTEAM教育をやれる環境が、どこの国よりも整っている」と述べ、自由度の高い実践が可能な「総合的な学習の時間」が日本型STEAM教育の鍵になると話す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。