私立学校施設の耐震化率91.4% 改善するも公立より遅れ

昨年4月時点での幼稚園~高校までの私立学校施設の耐震化率は91.4%で、前年度に比べ1.1ポイント改善したことが、文科省が昨年12月25日に公表した「私立学校施設の耐震改修状況調査」で明らかとなった。私立学校施設の耐震化は年々進んでいるものの、ほぼ完了した公立学校施設と比べると遅れている現状がある。また、私立大学の施設の耐震化率は92.8%で、前年度から1.2ポイント上昇した。

幼稚園~高校の、私立学校施設の建物2万3291棟のうち、新耐震基準で建築されたのは1万5735棟、旧耐震基準で建築されたのは7556棟あった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。