「未来明るい」わずか31% 新成人対象の調査で

成人の日(1月13日)を控え、今年新成人を迎える若者に将来の夢などを聞いた調査の結果が1月7日、発表された。日本の未来について「明るいと思う」(2%)、または「どちらかと言えば明るいと思う」(29%)と肯定的に回答した新成人は31%にとどまり、前年から6ポイント減少した。

明るいと感じる理由(自由回答)には、「オリンピック」「景気回復」「働き方改革」「多様性の受容」などが挙がった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。