【共通テスト】「判断に過ちない」 萩生田文科相が訓示

萩生田光一文科相は1月7日、文科省職員に年始の訓示を行った。昨年末に大学入学共通テストの英語民間試験の活用延期と記述式問題の見直しを決めたことについて、「判断に過ちはないと思っている」と強調。GIGAスクール構想による「1人1台」環境の実現に意欲を示した。

冒頭、萩生田文科相は「大変申し訳なく思ったのは、今まで積み上げてきた高大接続(改革)、入試改革に向けて大きな柱を失うことになってしまった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。