発達障害のある人も使いやすいノート 大阪の企業が開発

大阪市で紙製品を製造する大栗紙工は、発達障害のある人の意見を取り入れて開発したユニバーサルデザインのノート「uni note(ユニ・ノート)」の試験販売を開始すると発表した。視認性を向上するなど、発達障害のある人をはじめ誰もが使いやすい素材やデザインを追求した。

発達障害のある人の中には、特定の光や色をストレスに感じる視覚過敏に苦しんでいる人が存在し、知的能力に問題がなくても、ノートを開くだけで苦痛を感じ、学習に支障が生じるケースもある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。