教育振興基本計画を中学生がPR 北九州市が短編映画製作

教育振興基本計画を映画でアピール――。北九州市教育委員会は1月7日、昨年策定された「第2期北九州市子どもの未来をひらく教育プラン」の内容を紹介する短編映画『3日間クラブ』の予告編を、同市教委のホームページで公開した。映画には市内の演劇部に所属する中学生が出演し、新しい教育プランで盛り込まれた国連の持続可能な開発目標(SDGs)をテーマに、子供たち自らが未来を切りひらく姿を描いた作品となっている。

『3日間クラブ』は、台風により部活動が休みであることを知らずに学校に来てしまった4人の中学生が、誰もいないはずの学校で次々起こる不思議な出来事と遭遇し、互いに影響されながら成長していくエンターテインメント作品。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。