学生が教員の働き方を調査 Teacher Aideがシンクタンク

教員の働き方をテーマにしたイベントなどを各地で開催している、教員志望の大学生らによる団体「Teacher Aide」(ティーチャー・エイド)はこのほど、教員に関する調査研究を行うシンクタンク「Teacher Aide Labo」を設立した。現在、運営資金をクラウドファンディングで募集している。

Teacher Aide Laboでは、同団体の学生が中心となり、学校の労働環境や教員の意識などを独自に調査研究し、問題を可視化して解決策を提言。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。