周知不足が課題 茨城県教委がSNS相談の結果まとめ

茨城県教委は1月7日、LINEで同県内の公立中高生のいじめ相談などにあたった「いばらき子どもSNS相談2019」の結果を発表した。実施した昨年8月10日から9月18日までの40日間で、対応した相談は812件だった。

対象生徒13万人に対し、利用の有無に関係なくアカウントを友だち追加したのは800人にとどまった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。