中高生の8割が検定資格所持 小学生は半数以上

小中高生の検定資格取得状況についての調査結果が1月8日、発表された。小学生の53.8%、中高生の80.6%が何らかの検定資格を取得していた。調査したのは、学習塾などを運営する栄光。

児童生徒が取得している検定資格で多かったものは、日本漢字能力検定(小学生60.0%、中高生55.8%)、日本英語検定(小学生33.8%、中高生84.4%)だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。