「いじめ対策担当教諭」の改善求める 仙台市有識者会議

 仙台市が設置した有識者のいじめ防止等対策検証会議は1月14日までに、一部を除く市立小中学校に市教委が1人ずつ配置した「いじめ対策担当教諭」に関して、改善を求める検証結果報告書を郡和子市長に提出した。同会議で会長を務める仙台白百合女子大学の氏家靖浩教授は「改善策をすぐ実行に移してほしい」と求め、郡市長は「重く受け止め、詳しく読んで対応していく」と応じた。

 いじめ対策担当教諭は、いじめの未然防止や早期発見、迅速な対応を主な狙いとして、2016年度に創設された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。