夜間中学設置で文科省が説明会 新規補助事業で開設支援

全国で夜間中学の設置を促すため、文科省は1月15日までに、教育委員会の担当者を対象とした夜間中学設置推進説明会を、夜間中学が設置されている東京都世田谷区立三宿中学校で開いた。教育機会確保法成立後に初めて開校した夜間中学である千葉県松戸市立第一中学校みらい分校の事例発表が行われ、三宿中の夜間中学の授業が公開された。文科省では、来年度予算案で夜間中学の新設準備や運営補助の新規事業を計上し、未設置地域での夜間中学の開校を支援する方針。

松戸市では、不登校による義務教育既卒者や、増加している外国人居住者の学びのセーフティーネットを充実させる目的で、閉校した旧古ヶ崎南小学校の施設を改修し、昨年4月にみらい分校を開設。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。