【入試改革】浮上した共通テストと個別入試の役割分担

「大学入試のあり方に関する検討会議」の第1回会合が1月15日開かれ、大学入学共通テストでの英語民間試験の活用延期と記述式問題の見送りを受けた、大学入試改革の見直し論議がスタートした。初回の議論で浮かび上がってきたのは、大学入学共通テストとそれぞれの大学が独自に行う個別入試の役割分担だ。特に個別入試で英語4技能や記述式問題をどのように組み入れていくのか、各大学のアドミッションポリシーが問われる方向性が出てきた。参加者の発言から議論のポイントを探った。(編集委員 佐野領)
英語4技能・記述式問題 重要性を確認
初会合では、見直し論議のきっかけとなった英語4技能や記述式問題を大学入試に課す必要性について、参加者から異論はなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。