ICTでSTEAM教育 みどりの学園で授業公開

小中学校に児童生徒1人1台の学習者用コンピューターを整備するGIGAスクール構想を受け、文科省主催「学校ICT活用フォーラム」の一環として1月16日、ICT導入先進校の授業公開が、教育行政の担当者向けに行われた。茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校(毛利靖校長、児童生徒1004人)には、萩生田光一文科相も視察に訪れ、ICTを活用した教科の学習やSTEAM教育の実践を視察した。

2018年に開校した同校には、約200台の学習者用コンピューターが配備され、大型提示装置を活用した教科学習や、プログラミングなどのSTEAM教育に取り組んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。