保育士の魅力向上で検討会議 厚労省が現場の意見を公募

現場から、保育士の魅力向上策を提案して――。厚労省では、保育現場や保育士の魅力向上策の参考とするため、1月16日から、保育所で勤務する人などを対象にした意見募集を開始した。寄せられた意見は2月に開催する「保育の現場・職業の魅力向上検討会」で取り上げる。

政府による幼児教育・保育の無償化や「子育て安心プラン」などにより、保育の受け皿が拡大する一方で、保育士不足が深刻化。保育士志願者の増加や保育士に復帰しようとする人が働きやすい職場環境づくりが喫緊の課題となっている。

これを受け同省では、「保育の現場・職業の魅力向上検討会」で、保育士の魅力向上や職場の業務改善、保育士資格を持っている人と保育所とのマッチングの改善などを議論。その立ち上げにあたり、職業としての保育士や職場としての保育所の魅力について、保育に携わる現場から意見を募る。

検討会はNHK「おかあさんといっしょ」第10代体操のお兄さんで知られる佐藤弘道氏をはじめ、現役の保育士や保育に関する学識経験者、自治体職員などで構成され、2月6日に初会合が開かれる。

意見の募集は2月15日まで、同省ホームページで受け付ける。


関連
特集