【入試改革】「英語4技能、記述式は前提」 萩生田文科相

今後の大学入試の方向性を議論する「大学入試のあり方に関する検討会議」の進め方について、萩生田光一文科相は1月17日、閣議後の記者会見で、「英語4技能を伸ばすとか、記述式問題が大事な視点だということに、賛否があるわけではない」と述べ、英語4技能や記述式問題への対応を「大事な目標」とすることを前提に、大学入試改革の見直し論議を委員に委嘱したとの認識を明らかにした。

続けて、15日の検討会議で一部の委員から白紙状態で議論するよう委嘱されたとの発言があったことについて、「(英語4技能や記述式問題の重要性は)前提だけれども、大学入試の中にどう入れ込むのか、あるいは入れ込まないのか、全くゼロから議論していただくつもりで(委員を)お願いした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。