阪神・淡路大震災から25年 各校で追悼や防災の取り組み

戦後初の大都市直下型地震となった阪神・淡路大震災は、1月17日で発生から25年となった。兵庫県内を中心に各校で追悼行事があり、児童生徒が祈りをささげ、教訓を学んだ。

淡路島にある南あわじ市立西淡志知小学校では、追悼行事と避難所体験があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。