教師間パワハラの詳細公表 管理職が威圧的な言動など

パワーハラスメントなど教職員同士のトラブルで、2018年度に懲戒処分や訓告を受けた32事案の詳細が1月17日、文科省で開かれた「魅力ある学校づくり検討チーム」の初会合で公表された。管理職が教職員に対し威圧的な言動をした事案や、終業後の宴席で不適切な言動をした事案などが目立った。

32件のうち懲戒処分だったのは9人、訓告などを受けたのは23人に上った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。