教育・子育てに関する言及は約1分半 首相が施政方針演説

第201回通常国会が1月20日に召集され、安倍晋三首相が衆参両院の本会議で施政方針演説を行った。教育に関しては、全ての児童生徒1人につき1台の端末を4年以内に整備し、「新しい時代の教育改革を進める」と述べた。約42分の施政方針演説のうち、教育・子育てに関する言及は約1分30秒だった。

安倍首相は「Society5.0の時代にあって、教育の在り方も、変わらなければならない。本年から小学校でプログラミング教育を開始する。4年以内に、全ての小学生、中学生に1人1台のIT端末をそろえる。企業エンジニアなど多様な外部人材を登用することで、新しい時代の教育改革を進める」と表明。

子育て支援に関しては、昨年10月から始まった幼児教育・保育の無償化や、今年4月からの住民税非課税世帯を中心とした高等教育の無償化、私立高校の実質無償化を挙げ、子供が家庭の経済事情にかかわらず、夢に向かって頑張ることができる社会を創り上げるとアピールした。

また、保育の受け皿整備を進めるとともに、来年春までに子育て世代包括支援センターを全市町村に設置し、所得の低いひとり親世帯への支援を拡大するとし、少子化問題に真正面から取り組むと強調した。

第201回通常国会の会期は6月17日までの150日間を予定している。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集