自主的研修を公務に 水泳補習廃止など業務縮減も、神戸

 神戸市教委はこのほど、教員による暴行・いじめ問題を受け、2020年度から新たに外部人材を登用して学校支援チームを立ち上げると、同市総合教育会議で報告した。併せて、教員の授業力・指導力の向上に必要な研修を、同じく20年度から市教委事務局と学校園が一体となったプロジェクトチームで推進することを明らかにした。また同日までに、市立小中学校の業務見直し方針を各校に通知した。

 学校支援チームの立ち上げは、教員いじめ問題を受けて同市教委が進めるガバナンス(統治)強化策の一環。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。