いじめの再発防止策に全員担任制 取手市の専門委が提言

 茨城県取手市で、2015年に当時市立中学3年生の女子中学生がいじめにより自死した事案で、同市教委は1月20日、市の「いじめ問題専門委員会」(委員長・藤川大祐千葉大学教授)が取りまとめた再発防止策の提言をホームページで公開した。再発防止策として、東京都千代田区立麹町中学校で実施されている全員担任制や複数担任制といった、複数の教員で生徒を見るシステムの導入を求めた。

 提言では、学校がいじめを阻止できなかったばかりか、教員の不適切な指導がいじめの助長につながり、さらに教委が法令に違反する対応や議決を行ったと指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。