外国人児童生徒の支援充実策 有識者会議が骨子案検討

外国人児童生徒の教育の充実策を議論している文科省の有識者会議は1月21日、第8回会合を開き、事務方から示された報告書の骨子案について検討した。

同骨子案では、従来の外国人児童生徒に対する教育は義務教育段階が中心であり、就学前や高校段階、高校卒業後も見据えた体系的な指導・支援が必要だと強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。