国語の授業に宇宙教育 生徒の作品は補給機で宇宙へ

国語の表現指導に宇宙教育を取り入れるという、授業実践の新たな取り組みが1月22日、東京都板橋区立高島第二中学校(長田洋幸校長、生徒345人)であった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主幹研究員などを歴任した山中勉氏による出前授業として、1年生を対象に実施された。

山中氏は宇宙航空システムエンジニアとして、1982年からロケットの企画・研究開発に従事。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。