教員研修の実施状況調査 全学校種で減少傾向

文科省は1月21日、全国の小中高などを対象とした、2018年度の教員研修実施状況調査の結果を公表した。初任者研修と中堅教諭等資質向上研修ともに、実施時間が全ての学校種で前年度よりも減少していることが分かった。

初任者1人にかける校内研修の週間指導時間は▽小学校 7.8時間(前年度比0.1時間減)▽中学校 7.7時間(同0.2時間減)▽高校 8.0時間(同0.1時間減)▽特別支援学校 7.9時間(同0.1時間減)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。