スマホ、ゲームで不登校に? 現場の声受け実態調査へ

大阪市総合教育会議で、出席者から「スマホやゲーム依存が、小中学生の不登校要因の1つになっているという実態がある」との意見が出たのを受け、同市教委は1月21日までに、実態調査を進める方向で検討していることを明らかにした。

同市総合教育会議は1月15日に開かれたもので、説明者として出席した市立学校の校長が「不登校になる子供の中には、スマホやゲームを夜遅くまでやっていることで、昼夜が逆転しているケースが少なからず見られる」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。