女児虐待死事件で報告書 「校内に対応チーム」など提言

千葉県野田市で当時小学4年生の女児が親から虐待されて死亡した事件は1月24日、発生から1年を迎えた。同市は23日、専門家らが市教委や学校関係者にヒアリングした結果をまとめた検証報告書を公開した。今後の改善策として、研修を受けた職員を中心とした「校内虐待対応チーム」を各校に設置することなどを求めた。

同報告書では、女児が校内アンケートで父親からの虐待を訴える内容を記載したことを踏まえ、学校に対し「アンケートを読んだ段階ですぐに、児童家庭課に通告を行うべきであった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。