インフル1753校が休校など ピーク過ぎるもいまだ猛威

1月13~19日の1週間で、インフルエンザにより休校や学級閉鎖になった学校が1753校に上ったことが1月24日、厚労省の取りまとめで明らかになった。ピーク時の3340校(昨年12月16~22日)より減少したものの、いまだインフルエンザは猛威をふるい続けている。

1753校の内訳は▽保育所 34施設▽幼稚園 132施設▽小学校 1271校▽中学校 229校▽高校 66校――など。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。