田中将大投手が被災児童を訪問 ゲームや給食で交流

米国メジャーリーグの「ヤンキース」に所属する田中将大投手が1月24日、仙台市立東宮城野小学校(青木敏彦校長、児童188人)を訪問した。同校は東日本大震災で被災した旧荒浜小学校(同市若林区)の児童を受け入れた経緯がある。2017年から被災地校訪問を続けている田中投手は、訪問を通じて震災を風化させない活動に取り組んでいるといい、「続けていける限りはやっていきたい」と語った。

田中投手は、かつて所属していた東北楽天の則本昂大投手、辛島航投手、釜田佳直投手、松井裕樹投手の4選手と共に同校を訪れた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。