田中将大投手が被災児童を訪問 ゲームや給食で交流

米国メジャーリーグの「ヤンキース」に所属する田中将大投手が1月24日、仙台市立東宮城野小学校(青木敏彦校長、児童188人)を訪問した。同校は東日本大震災で被災した旧荒浜小学校(同市若林区)の児童を受け入れた経緯がある。2017年から被災地校訪問を続けている田中投手は、訪問を通じて震災を風化させない活動に取り組んでいるといい、「続けていける限りはやっていきたい」と語った。

児童とキャッチボールをする田中将大選手(西川株式会社提供)

田中投手は、かつて所属していた東北楽天の則本昂大投手、辛島航投手、釜田佳直投手、松井裕樹投手の4選手と共に同校を訪れた。午前中には体育館で4~6年生の児童と体を動かして交流し、キャッチボールを取り入れたゲームでは、優勝したチームの児童にピンバッジを贈呈した。

質疑応答の時間では、児童からの「チーム内で仲間割れやけんかがあった時はどうしますか」という問い掛けに、田中投手は「チームで仲間割れが起こることはないが、仲間への思いやりを持つこと、相手の気持ちになって考えることが大切だ」と答えた。

給食の時間には将来の夢などについて語り合った(西川株式会社提供)

給食の時間は1~3年生の児童と共に過ごし、揚げパンや肉団子のスープ煮などの献立を完食。田中投手は「全部おいしかった。揚げパンは長い間食べる機会がなかった」と感想を述べた。

給食の合間には、児童から「野球とはどういうものですか」と尋ねられ、「人生そのもの」と回答。「なぜ野球選手になったのですか」という問いには「野球が大好きだから。好きな気持ちは子供の頃から変わらない」と話した。

最後に代表の6年生が選手に、「皆さんから元気とパワーをもらいました。今日の体験を通して、改めて夢や希望を実現したいという気持ちが高まりました」と感謝の言葉を伝え、田中投手は「皆が元気だったので、心から一緒に楽しめた。今後も積極的にイベントを開催し、子供に元気や笑顔を与えたい」と語った。

次のニュースを読む >

関連