GIGAスクールに向けた学びを 学芸大附属小で研究会

東京学芸大学附属小金井小学校(鈴木明哲校長、児童651人)で1月25日、「『こえる学び』を生む学習環境デザインの追究」をテーマにした研究発表会が開催された。国語ではGIGAスクール構想の実現を視野に、学習者用デジタル教科書や55インチの液晶タッチパネルを活用した実践が披露された。

ICTを活用した国語は6年生対象の、宮沢賢治の『やまなし』を題材とした授業。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。