大学院設置基準を改正へ 単位互換や入学前履修を拡大

 大学院での社会人のリカレント教育を促進する目的で、大学院の単位互換や、入学前に修得した単位を大学院での修得単位とみなせる範囲の拡大を、文科省が検討している。2月24日まで、大学院設置基準の省令改正案について意見を公募している。

 社会人の学び直しの重要性が叫ばれているが、仕事が多忙などの理由から、社会人が大学院でリカレント教育を受けにくい状況がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。