母子家庭の支援の基本方針で改正案 厚労省が意見公募

「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に基づく、母子家庭や寡婦の生活安定と向上に関する基本方針の改正案に関し、厚労省は1月27日、意見公募を開始した。2月9日まで。父子家庭に関する記載や、子供の学習・就労支援などに関する記載を充実させた。

同改正案は、現行の基本方針が2015~19年度までの5年間とされていることを踏まえ、20~24年度までを対象期間とし、最新の統計値への更新や、昨年に閣議決定された改正子供の貧困対策大綱などの内容を反映した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。