プログラミング的思考を育成 ロボット教材使い公開授業

小学校新学習指導要領におけるプログラミング教育の必修化を見据え、東京都板橋区立上板橋第四小学校(氣田眞由美校長、児童366人)で1月29日、さまざまな学年、教科でのプログラミング的思考力の育成を狙った公開授業が行われた。6年生の理科の授業では、ロボットを作り、論理的な考え方や環境問題の解決策について考えた。

同校は、2018年度から都教委のプログラミング教育推進校に指定され、全学年のさまざまな教科でプログラミング教育を実践している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。