【働き方改革】モデル校でテレワークを試行 都が方針

東京都教委は1月30日、第2回定例会を開き、学校の働き方改革の取り組み方針について報告を受けた。都教委では、教員の長時間勤務の改善状況などを踏まえ、モデル校におけるテレワークの試行などに新たに取り組むほか、改正給特法を受け、都議会で「学校職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例」を改正し、市区町村教育委員会が勤務時間の上限方針を規則で定められるようにする。

都教委が昨年10月に都立高校と特別支援学校、1区1市の小、中学校教員の、月当たりの時間外労働の状況を調査したところ、過労死ラインとなる80時間を超える割合は前年同月と比べ全校種で減少。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。