GIGAスクール始動 2318億円を投入、補正予算成立

小学5、6年生と中学1年生に1人1台端末を優先的に整備する経費2318億円を盛り込んだ今年度補正予算案が1月30日、参院本会議で可決され、成立した。2023年度までに全国の小中学校に1人1台の学習者用コンピューターを国主導で整備するGIGAスクール構想が、名実ともに始動した。

GIGAスクール構想は昨年12月、政府が閣議決定した「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」に、「義務教育段階において、2023年度までに、全学年の児童生徒一人一人がそれぞれ端末を持ち、十分に活用できる環境の実現」が盛り込まれ、一気に動き出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。