615大学が漢検活用 入試で活用は571校

日本漢字能力検定協会は1月29日、全国の大学と短大を対象とした「漢検」の活用状況の調査結果を公表した。

有効回答を得た1044校のうち、活用していたのは大学423校、短大192校の計615校だった。

このうち入試関連で活用していたのは571校(大学398校、短大173校)、それ以外で活用していたのは148校(大学86校、短大62校)だった。

入試で活用する571校のうち、一般入試は95校(大学49校、短大46校)、推薦入試は354校(大学241校、短大113校)、AO入試は344校(大学250校、短大94校)。

活用方法で最も多かったのは「合否判定考慮・参考」で404校(大学282校、短大122校)、次いで▽点数加算 145校(大学103校、短大42校)▽出願要件 99校(大学74校、短大25校)▽取得推奨 84校(大学44校、短大40校)――などだった。

同調査は昨年8月から11月にかけて実施し、大学741校、短大303校の回答を集計した。


関連
関連記事