学力調査のCBT化、デジタル教科書に意欲 萩生田文科相

萩生田光一文科相は1月31日、閣議後の記者会見で、全国学力・学習状況調査のCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)による実施について、GIGAスクール構想による小中学校の1人1台端末や高速大容量ネットワークの整備を踏まえ、「早期の実現を目指したい」と意欲を示した。

ただ、一部の報道で伝えられた2023年度からの全面移行については、「十分な検討が必要なので、年度を区切って省内で検討している事実は全くない」と否定した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。