【入試改革】第二言語としての英語習得 自民WTで議論

大学入試における英語の在り方を議論している自民党のワーキングチームは2月3日、会合を開き、第二言語として英語を習得するプロセスについて、第二言語習得を専門に研究している上智大学外国語学部の和泉伸一教授(同学部英語学科長)と中央大学文学部の若林茂則教授からヒアリングした。

和泉教授は第二言語習得について、インプットからインテイク(取り込み)、統合化、アウトプットを往還するモデルを示し、①形式(文法や語彙(ごい)、発音)②意味(内容やトピック、メッセージ)③機能(場面や状況、文脈、目的)――の言語習得の3要素が結びつくことで、コミュニケーション能力が育成されると説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。