【1人1台時代】文科省課長級6人、未来の学校を語り合う

国立教育政策研究所(国研)は2月3日、高度情報技術を教育の質向上に生かしていく方策を考えるシンポジウム「『教育革新』プロジェクト・フェイズ1」を都内で開き、初等中等教育局などの文科省の課長級6人が顔をそろえ、高度情報技術を学校現場に生かしていく道筋や、未来の学校のイメージなどを語り合うパネルディスカッションを行った。参加した約300人からオンラインで受け付けた質問が壇上のスクリーンに映し出され、それに登壇者が答える双方向型の議論も行われ、オープンな議論を印象づけた。


シンポジウムの冒頭、中川健朗・国研所長は「高度情報技術を教育に生かすのは、効率よく学ぶためではない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。