校則の見直しを トランスジェンダー団体が市教委に要望

静岡県浜松市内の公立中学校の校則に、靴の色指定や男女別の制服規定など行き過ぎた項目があるとして、浜松TG(トランスジェンダー)研究会が1月31日、同市教委に要望書を提出した。制服と髪型について男女別の記載をやめることや、児童生徒自身が校則を決められるようにすることなどを求めた。

同研究会は昨年から、市内の公立中学校48校の校則を検証。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。