全校道徳にユニット道徳 国研の研究指定校が実践発表

各教科・領域などの課題について各地の研究指定校が成果を発表する、国立教育政策研究所主催の教育課程研究指定校事業研究協議会が2月7日まで、都内で開かれている。開催2日目の5日には、今年度から教科化された中学校道徳科の分科会があり、3学年が縦割りで学ぶ「全校道徳」の授業実践や、カリキュラム・マネジメントによる学校行事などと連携した「ユニット道徳」の試みが報告された。

大阪府豊中市立第十六中学校では、全教職員で道徳教育に取り組むべく、学級担任以外の教員が道徳科の授業を受け持つローテーション授業や、全学級の道徳科公開研究授業などを実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。