標準授業時数の在り方見直し 教育課程部会で議論開始

中教審初等中等教育分科会の教育課程部会は2月5日、第115回会合を開き、学校の教育課程における標準授業時数や、発展的な学習の位置付けに関する検討をスタートさせた。小学校高学年での教科担任制の実施や働き方改革を踏まえ、標準授業時数の在り方の見直しに着手する。

2022年度からの小学校高学年における教科担任制導入などを盛り込んだ「新しい時代の初等中等教育の在り方」に関する「論点取りまとめ」では、先端技術の活用を踏まえた年間授業時数の在り方や学年を超えた学びについて、早急に検討する必要性を指摘した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。