学校と連携し心のバリアフリーを推進 改正案を閣議決定

オリンピック・パラリンピック東京大会を前に、政府は2月4日、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)の改正案を閣議決定した。国民の共生社会への意識を高める「心のバリアフリー」を、学校や市町村と連携して推進する。

改正案では、市町村が定める移動等円滑化促進方針(マスタープラン)などに「心のバリアフリー」に関する事項を追加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。