福岡市が学習支援動画を配信開始 今後は教員向けも

福岡市は2月4日、市内の小中高と特別支援学校に通う児童生徒向けに、「福岡 TSUNAGARU Cloud(つながるクラウド)」の名称で学習支援動画を配信するサービスを始めた。家庭や外出先などでの学習のほか、学校での授業で活用してもらい、つまずきやすい内容を分かりやすく伝える狙い。同市は「政令指定都市では初めての取り組み」としており、今後は教員向けの動画配信や教材共有での活用もスタートさせる方針。

動画はクラウドサービスで提供しており、インターネット経由でパソコンやスマホ、タブレットを使って場所を選ばずに閲覧できる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。